記事一覧

コイルビルド講座 ~ 22mmRTAシングルの場合 ~

​​​​​​​使用するアトマイザー:
EHPRO and Eciggity THE MORPH TANK


1.巻き数の特定


カンタル線なら​coiltoy​で巻き数を特定しておく。
このツールはスマフォ(Android、iOS)でも使えるので外出先でもお手軽に利用できるぞ。




但し、コイルの種類にSSが無いので注意が必要だ。




Material:     ワイヤーの種類
AWG:          ゲージサイズ
Diameter:   コイルの内径
Spacing:     マイクロコイルなら0
Type:          コイルの足がどっち向きか。
                    これはお使いのアトマイザーによるのでデッキをよく確認せよ。
                    VIEWで出来上がりのグラが確認できるぞ。
Free length:コイルの足に微量ながら抵抗が有るだろって話。
                    左右、もしくは上下の足の長さの合計だ。
                    片方では意味が無いのだよ、合計だ。
Resistance:抵抗と言ってるのだから常にYes。Noで有る意味が分からん。
TARGET RESISTANCE:狙っている抵抗値

RESULTS:    計算結果が見れる。
 Wraps:       巻き数
 Resistance:抵抗値

SSを使う人はこっちを使うと良いぞ。
使い方は大体同じだ。
Coil Wrapping









その他、スマフォAndroid限定だがGooglePlayから落とせる​Vape Tool​ってのが高機能だぞ。
クラプトンワイヤーとか使う人には良いかもしれんな。






2.コイルの巻方


画像では3mm径のドライバーに巻き付けているのだが、
無造作に巻くとビヨーンビヨーンなバネにしかならない。
コツは半回転ごとにグッグッと引っ張りながら形を付けていく事。
さらにマイクロコイルを作りたい場合は、
隙間を作らず寄せて寄せて引っ張って引っ張って巻け。
これだけでバネにならずマイクロコイルは作れる。
後、何巻したか自分で数えておくこと。




巻けたら足の長さを考慮してニッパーで切れ。
この時点でデッキにコイルをセットし、
ΩメータかテクニカルMODで抵抗値を確認しても良い。



3.焼き入れ


コイルに焼き入れを行い、機械油を飛ばして隙間なく引っ付かせる。
トーチライターやターボライターでやる人も居るが、
吾輩は100円ライターの炎の真ん中、温度の低い箇所で時間掛けて
じっくり焼いている。赤くなるまで焼いていいぞ。
この時、熱対策でセラミックピンセットを使え。





隙間なしのマイクロコイル。






4.コイルセット


コイルをセットする前にデッキをよく確認しておこう。

(1)エアーホールの前上にコイルが来るようにする。
(2)ジュースホールの位置にウィックを垂らすのだから、コイルの向きに注意。
(3)このデッキの場合、+側の穴から-側の穴にコイルの足を通すか、
   +側のネジから-側のネジにコイルの足を巻き付けてネジを締める。





今回はネジからネジへ巻き付けて固定してみた。





+側は然程、気にしなくて良いが-側は接触注意が必要。
①は-側に向かう足が+側のポール(台座)に接触してはいけない。
②は-側の足の先端が+側に到達し接触してはいけない。





+穴から-穴へセットする場合は以下の画像を参考にしてくれ。
こちらのセットの仕方でも-側の足には接触注意が必要だ。





テクニカルMODで抵抗値を確認しよう。
今回は1Ω狙って3mm径7巻、結果は1.15Ωだった。






5.ホットスポット消し


ビギナーがコイルを歪に巻くとホットスポットが出来てしまう。
MODのファイアーボタンを押しても斑にしか赤くならない。
これを除去するには、

(1)10Wぐらいでファイアーボタンをカチカチする。





(2)コイルの真ん中からジワッっと全体が赤くなれば良いのだが、
斑に赤くなったら、それがホットスポットだ。





(3)コイルが冷めてから、マイナスドライバーかセラミックピンセットの先端で
コイル表面を擦る。





これでまたファイアーボタンをカチカチすれば、
ホットスポットは除去されているハズ。



6.ウィッキング


(1)コイル穴にウィックを通す。
(2)ジュースホールにコットンを垂らした時に長過ぎず短過ぎず
丁度良いサイズにカットする。先端を斜めにカットすると収まりが良くなるぞ。





(3)デッキにカバーを付けてウィックをジュースホールに向けて押し込んで行く。
適切な長さにカットされていればOKだが、詰めすぎ厳禁。イガリの原因にもなる。
ジュースホールを優しくふわっと包み込む感じだ。
ウィックがエアーホールに掛かっていると、そこから過剰に吸い上げたリキッドが漏れる。






7.リキッドチャージ


まず、コイルとウィックに万遍なくリキッドを垂らす。





次にタンクに補充してやる。





このアトマイザーはボトムフィルなのでデッキを下に向けて
タンクに接続する。




これで完了だ。



FC2Blog Ranking
電子たばこ 人気ブログランキングにほんブログ村 健康ブログ 電子たばこ
↑ポチっと( ^ω^)

​​​​​​​




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profeel

SmokyVapeLoad

Author:SmokyVapeLoad
Vape, 電子タバコ, アトマイザー, MOD,
リキッド, 自作リキッド, DIY,
Vape Tricなどレビュー中心のブログです。
ご意見、ご要望、ご依頼のお問い合わせは
こちらまで。

I'm a blogger about reviewing VAPE
products who live in Japan.
Reviewing offers are welcome.
Please request the review from the
following e-mail address.

email:smoky.vapeload@gmail.com
twitter:@smoky_vapeload

sweet twit badge from twitbuttons.com
Get Custom Buttons